岩手 花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館のクチコミ&詳細

44人が
おすすめ!
  • 4.8
  • クチコミ数 : 44件

岩手県花巻市鉛字中平75-1 地図をみる

JR東北新幹線新花巻駅西口出口→JR釜石線花巻行き約5分花巻駅下車→バス岩手県交通新鉛温泉行き約32分鉛温泉下車→徒歩約3分

料金を表示する

  • ユーザさんの回答(投稿日:2016/12/ 1)
  • 通報
  • 湯治部があります

  • 立浴の珍しい温泉がある旅館です。宮沢賢治ともゆかりのある旅館です。こちらの旅館にはいわゆる旅館機能の旅館部と湯治部があります。温泉はどちらも共通です。湯治部のほうは広めの自炊スペースや売店があります。湯治部の建物は昭和時代の学校のようでまるでタイムスリップでもしたかのような懐かしい感じでした。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2016/11/ 5)
  • 通報
  • 湯治も出来る温泉宿

  • 創業170年余りの趣のある宿です。宿泊のほうは湯治部もありますので一人泊も問題なく受け入れてくれます。温泉は深い浴槽の『白猿の湯』が一番の目玉です。他には川沿いの露天風呂など、色々なお風呂を楽しむことが出来ます。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2018/5/10)
  • 通報
  • 宮沢賢治ゆかりの温泉で湯治

  • 岩手県花巻の鉛温泉にある宮沢賢治ゆかりの温泉です。旅館部と湯治部があり、温泉はどちらも共通です。こちらの温泉で売りなのが、全国でも珍しい立浴の温泉です。湯治部の方の建物は昭和の学校みたいにレトロな雰囲気で館内散策も楽しいです。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2018/3/22)
  • 通報
  • 宮沢賢治ゆかりの歴史ある温泉です

  • 花巻市の鉛温泉にある歴史ある温泉旅館です。こちらの温泉には宮沢賢治も入ったことがあるという、全国でも珍しい立浴の温泉があります。温泉は時間で男女交代ですが、割と女性に恵まれている気がします。食事はおいしいですが、やや若向けな印象でした。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2017/6/21)
  • 通報
  • 伝説の名湯

  • 花巻温泉に行かれるなら、迷うことなく日本でトップクラスの人気温泉宿であるこちらの宿をお勧めします。宿泊費は特別料理を付けても10000円ほどお釣りが来るでしょう。どうしても予算を使い切りたければ露天風呂付き客室の「十三月」という宿もありますが、個人的には風格のある旧館のほうが旅情を感じられると思います。古くからの湯治宿として泉質は折り紙付きで、浴槽の底から温泉が湧き出す自噴天然岩風呂はここだけでしか体験できません。由緒ある山間の一軒宿でゆったりと過ごす時間は、文字通り自分へのご褒美、命の洗濯となることを保証いたします。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2017/5/25)
  • 通報
  • 珍しい立って入る温泉があります

  • 花巻にある温泉です。ここの温泉には立って入る珍しい温泉があります。歴史ある旅館でこの温泉には宮沢賢治も入ったそうです。湯治の施設もあり、そちらの温泉も利用できます。湯治部の建物は昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気で館内探検も楽しめます。食事はやや若い人向けな印象でした。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2017/4/16)
  • 通報
  • 立って入浴する珍しい温泉があります。

  • 岩手県の花巻にあり、宮沢賢治にもゆかりのある歴史ある温泉です。ここの温泉の名物は何といっても、宮沢賢治も入ったことのある、立って入浴する珍しい温泉です。食事は若向けな感じです。ここの温泉には湯治の施設もあり、そちらの建物に行くとまるでタイムスリップでもしたかのような昭和感にあふれています。館内探検も楽しい旅館です。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2017/1/10)
  • 通報
  • ユーザさんの回答(投稿日:2016/11/16)
  • 通報
  • 歴史ある温泉旅館ですが・・・

  • 歴史のある温泉宿ですが、リニューアルされていて快適でした。ここの温泉のウリは立って入浴するしぶ〜い温泉で、宮沢賢治も入ったことがあるといわれています。同じ敷地の湯治用の建物のほうは昭和にまるでタイムスリップしたかのようで、探検するのも楽しいです。朝ごはんの卵料理はバターを使っての目玉焼きだったので、若向けな食事かなと思いました。土日に泊まりましたが、客層も若かったです。
  • ユーザさんの回答(投稿日:2016/9/21)
  • 通報
  • 宮沢賢治にゆかりのある旅館です

  • 駅を挟んで逆方面にはなってしまうんですが、宮沢賢治ゆかりの旅をするならこちらの旅館がおすすめです。こちらの旅館には立って入る温泉があり、それだけでも珍しいのですが、こちらの温泉に宮沢賢治が入ったと言われています。温泉自体にとても歴史があるようです。宿には湯治部と旅館部があり、旅館部のほうは快適にリニューアルされてます。館内の内装には宮沢賢治の童話をイメージした壁紙が使われていました。湯治部のほうはまるで昭和にタイムスリップしたかのような不思議な空間でした。館内探検!も楽しかったです。

料金を表示する

関連するキーワード